外国為替チャートとローソク足の種類

ローソク足が外国為替チャートには使用されていますが、種類がいくつかあるといいます。
為替取引の際に重要な参考データとなるローソク足の種類について調べてみました。
外国為替チャートの中でも、多くの投資家や専門家が活用しているのが、ローソク足というものです。
投資のテクニカル分析をする時に、初めにチェックすると言われるぐらい基本になっているものです。
有利に為替取引をすすめるためにも、どんなふうに外国為替チャートのローソク足を見るのか勉強しておくのもおすすめです。
1本のローソクで、1日の値動きを示しているのが、日足と呼ばれるローソク足です。
ローソク足で表される為替の値動きに期間によって種類が変わるので、週足は1週間、月足では1ヶ月、年足は1年分ということになります。
外国為替チャートは、取引のタイプによっても、どのローソク足の種類が良いのか変わってきます。
日足や週足、または月足がおすすめなのは、外国為替取引が長期や中期型の場合です。
他にも1分足や5分足、15分足、30分足といった分刻みの値動きを表したものもあります。
スパンの短いチャートが良いのは、デイトレードやスウィングトレードなどの短期トレードをする場合だそうです。
さまざまな種類の外国為替チャートのローソク足がありますが、為替取引をするためには、基本的な値動きをしっかりりと読み取れるようになることが重要です。

 

ネーレウスの予言書新着記事